お酢は料理に使うだけでなく、お掃除にも効果的に活用できます。

今回はキッチン周りのお掃除におすすめのお酢の活用法を紹介していきます。

お酢でお掃除~キッチン編

厨房はいつも清潔にしておきたい箇所ですが、汚れやすく、においや雑菌が現れやすいので手入れが大変です。

常にピカピカ、除菌対策は完璧、悪臭もなし!というわけにはいきません。

そんな訳で、台所業務の最後に、酢をお湯で薄めた酢湯を作り、これを仕上げに使用してみてはどうでしょうか。

生ごみにシュッ排水口にシュッと吹きかけて悪臭を封じ込めれば、なかなかラクチン。流し台などの完成拭きにも使用すると、厨房全てがさっぱりします。

ガスレンジの掃除にお酢の活用法

使っているうちに気が付いたら汚れているのがレンジです。

ガスレンジの油汚れは、料理のあとに酢湯をシュッと吹きかけて拭いておけば、いつもピカピカ。

でも、こびりつかせてしまったら、酢の原液を振りかけてしばらくおきます。

酸のパワーで油汚れが浮いてきたら、雑巾で力を入れてこすり取り、完成に水拭きをすればOK。

わりと清掃ができない換気扇も、要領は同じです。

大掃除の際は是非換気扇も酢で掃除してみましょう。

ガスレンジや換気扇のステンレスところは酢でさびてしまう事があるので、完成の水拭きを忘れずに!

酢を使ってシンク周りのお掃除を

厨房のシンクは、生ごみのカスがこびりついたり、食べ物の汁が飛んだりしているので、放っておくと臭いのもとに。

めんどくさくてついサボりがちになることも多いシンク周り。

厨房のあと片づけが終わったら、清潔に磨いておきましょう。

酢湯を作ってスプレータイプのボトルに入れたら、シンクや蛇口などにシュッと吹きかけ、スポンジでサッとこすり、水拭きで完成します。

最後に、スポンジにも酢湯を吹きかけて終わりです。

こうしておくと、スポンジに雑菌が生じるのも防げます。

冷蔵庫の殺菌・カビ防止に

冷蔵庫内を強力殺菌、カビ防止食品を保存する冷蔵庫の中って、意外に汚れていませんか?

野菜などの汁やカス、飲み物や調味料などがこびりついていて、注意深く見るとギョッなんて事も!

脱臭炭とかは使っているけどお掃除はまた別問題ですよね。

でも、水拭きだけでは殺菌作用がないし、薬剤は利用したくないし……。

という事で、酢の出番です。

酢湯を作り、これで絞ったふきんで冷蔵庫内をくまなく拭けば、汚れが落ちるだけでなく、強力な殺菌・防カビ作用で清潔そのもの。

当然、冷蔵庫の外側も酢湯でピカピカに磨きましょう。

冷蔵庫がピカピカだと気分もスッキリしますよ!

調理器具もお酢でお手入れ

鍋やまな板などの調理器具。

真っ白なまな板、汚れやにおいのない鍋、湯アカのついていないやかんなど、台所の小道具たちが、いつもピカピカだったら、どんなに料理が楽しいでしょう。

でも、それに多大な労力をかけるのは大変だから、酢で手早くお手入れしましょう。

酢を使用すると、汚れを取るのと並行して、殺菌&消臭もすませてしまうからラクラクなんです。

台所の片づけには、いつも酢を使用するよう習慣づけておけば、厨房や小道具を維持する事が苦になりません。

お手入れにかかる時間が短縮できるので、その分料理の腕もグンと上がります。

まな板やふきんの殺菌も!

たった1分間で、まな板やふきんの殺菌が完了!

魚をおろすと、まな板の魚臭さが相当取れなくて困りますよね。

他にも、野菜のアクが染み込んだり、かびて黒くなったりと、まな板を白く清潔にキープするのは大変です。

そんな訳で、洗剤で洗ってすすいだあと、酢の原液をかけて1分間だけおきましょう。

これだけで、イヤなにおいや汚れが取れて、殺菌も終了。

透明感漂うだけでなく、食中毒対策もOKです。

まな板の上にふきんをのせて酢をかければ、ふきんの消臭・殺菌も合わせてできます。

お掃除にも大活躍のお酢!

酢はキッチンのお掃除に活用しても万能です!

ちょっと洗剤を切らしてしまった時にも、酢は置いてあることが多いので代用としても便利。

最近キッチン周りがお掃除できてないなぁーという方は是非試してみてくださいね!