酢のお掃除活用法、今回はキッチンにある料理道具を中心にきれいにする方法をご紹介します。

鍋にこびりついた焦げ、アクもこれで解消!

ゴボウやレンコンなど、アクの強い野菜を煮ると、鍋に黒っぽいアクがこびりつき、洗っただけでは簡単に取れないので困ります。

そのようなケースは、鍋に2倍に薄めた酢水を入れ、15分ぐらい煮立てると、艶やかに取れてさっぱり!

「あっ、鍋を焦がしちやった!」という経験は誰にでもあるはず。

煮込んでいるうちに忘れちゃって、気がついたら大変なことに・・・。

そんな時にもこの技術は有効です。

さらに魚を煮たあとの鍋のにおい取りにも有効で、この場合は100倍に薄めた酢水(水11に酢大さじ1杯弱)で約10分間煮立てます。

酢の力で焦げがゆるむので、あとはスポンジで洗うだけで取れるはいつもにおいのない、ピカピカの鍋になります!

こんなささやかな手間をかけるだけで十分なんです!

薬剤を使ったゴシゴシ洗いからもう卒業しましょう。

いつもクレンザーで焦げついた鍋を磨いていた人も、一度試してみる価値ありです。

胴の鍋独特の錆にも大活躍!

ゴシゴシ力を入れて洗わなくても、ラクラク。

銅の鍋につきやすい緑のサビを一網打尽熱伝導性と保温性にすぐれた銅鍋は、煮込み料理に最適。

銅の輝きが純粋で、ひとつは持っていたい鍋ですが、銅特有の緑色のサビが出やすいのが難点。

これは、毒があるともいわれているので、出てしまったら、酢を内蔵させた布でこすり取ります。

あとは、水洗いするだけでOK。

緑青は湿気がきっかけのひとつなので、洗ったあとは水気をちゃんと拭き取る事が大事。

よく乾しておくと、緑青の発生を防げます。

フライパンの焦げ付きにも!

使う前のひと拭きでフライパンの焦げつき対策!

鉄のフライハンは一生ものといわれ、使い込むほどに焦げつきがなくなり、ユーザビリティーがよくなっていくのが良いところです。

でも、新品のうちは焦げつきがひどいので、巧くに使用するにはささやかな創造性が必須です。

といっても、酢を内蔵させたふきんかペーパーで拭くだけ。

あとは、いつもどおりに調理します。

使っているうちに油がなじんで利用しやすくなりますが、

焦げつかなくなるまでは、使用する前に酢でひと拭きしておけば心配無用です。

やかんとポットのお掃除に

やかんやポットの水アカを取るのにも酢は大活躍します。

酢は気持ちよくお茶のアカを分解するので、こびりついた水アカがラクラク落とせます。

その上、スポンジでゴシゴシこすらなくてもOK。

しょっちゅう水を入れているやかん、ポット、コーヒーメーカーなどの中を見ると、水アカがこびりついて白っぽくなっている事があります。

これは、水の中に内蔵されている微量のミネラル成分が、次第にこびりついてしまうのが原因です。

やかんなら、酢水を入れて10分煮立て、そのあと1時放置しておくと、酢の力で水アカが分解され、あとは水洗いするだけで素晴らしくキレイになります。

これは電気ポットも同じで、酢水を入れて沸騰させ、1時放置したあとに水洗いします。

コーヒーメーカーは酢水でドリップさせそのあと、2回以上、水だけでドリップすればOK!

この水アカ、洗剤だけでは落とせないし、かといってクレンザーなどを使用するのは抵抗があるし、第一、やかんやポットは洗いにくくてめんどうと、ホント困りものなのです。

このやり方でお掃除をたまにしておくと、ポットなどの中がいつもピカピカ。

やかんやポットも気持ちよく使えます。

電子レンジの臭いとりにも

魚を加熱したあとなどは、電子レンジの中ににおいがこもってしまって困りますよね。

扉を開けておけば次第に消えますが、すばやく消臭してやりたいもの。

そのようなケースは、耐熱器に酢を大さじ1杯ほど入れ、ラップをかけずに2~3分チン!

加熱する事によって、酢の消臭パワーが発揮され、中のにおいを清純に取ります。

電子レンジの中は、においがこもりやすいので、気が付いた時に消臭しておくと、いつもスッキリです。

 

今回はキッチン周りの道具をキレイにする方法をご紹介しました。

酢は汚れを落とすだけではなく、消臭効果もあるので、実際やってみると気分もスッキリしますよ。

キッチン周りのお掃除最近サボりがち、という方は是非試してみてくださいね。